一人でも多くの患者さんに妊娠の喜びを
トップに戻る   お知らせ  



関連リンク集
個人情報保護方針


 

アルバムトップ : 機器の紹介 :  Total:5

並び替え:  タイトル () 日時 () 評価 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 5 番を表示 (全 5 枚)



倒立顕微鏡および顕微授精に用いられる機器類 倒立顕微鏡および顕微授精に用いられる機器類

真ん中にある顕微鏡が倒立顕微鏡と呼ばれるもので、対象物を下方から観察するタイプの顕微鏡です。
高い倍率が得られるのが特徴です。当院ではこの顕微鏡にホフマンモジュールと呼ばれる立体的な像を得るための機器を装着しています。
体外受精・顕微授精などの操作はほとんどこの顕微鏡を用いて行います。
顕微鏡の脇にあるのは顕微授精の際に使用する機器類です。
顕微鏡を収容してある大きなケースはクリーンベンチと呼ばれるもので、フィルターを通過させた清潔な空気を流すことでボックス内を常に清潔な環境に保っています。


実体顕微鏡 実体顕微鏡

 比較的低倍率で、対象物をそのままの状態で観察するのに用いられます。
 当院では立体視が可能なタイプを用いております。
 採卵時の卵の確認や観察に使用します。


凍結タンク 凍結タンク

 液体窒素を充填してある容器で、この中に精子や受精卵を保存してあります。
 半永久的に保存が可能です。
 空調が管理された部屋で出番を待ちます。


混合ガスインキュベーター 混合ガスインキュベーター

主に体外受精の際の受精卵の培養に使用される培養器です。
温度・湿度・pHが厳重に管理されています。
現在は窒素・酸素・二酸化炭素の3種類のガスを適当な割合に混合させたガスを用いるタイプが主流です。
当院では現在4台のインキュベーターが稼働しています。


ホルモン測定用機器 ホルモン測定用機器

不妊治療、特に体外受精ではホルモンの数値が重要な意味を持ちます。
当院ではこのホルモン測定を院内で行うことにより、迅速に結果を得ることが可能となっています。


1 番〜 5 番を表示 (全 5 枚)