一人でも多くの患者さんに妊娠の喜びを
トップに戻る   お知らせ  



関連リンク集
個人情報保護方針


 

  不妊治療


人工授精(AIH) 人工授精(AIH)

排卵日にあわせて、運動性良好な選別精子を子宮内に注入する方法です。
用いる精子は、事前に凍結した精子・当日採取した精子のいずれでも使用可能です。
当院ではswim-up法と呼ばれる方法で良好な精子を選別して使用しております。
普通は痛みもほとんどなく短時間で終了します。
通常は精子濃度が低いあるいは精子の動きが悪い方が対象となりますが、精子所見が正常な方でも受精能力が低い方や女性の頚管(子宮の入り口に近い部分)に問題のある方にも行われます。

 

体外受精-胚移植(IVF−ET) 体外受精-胚移植(IVF−ET)

人工授精を含む一般的な治療で妊娠に至らない方が対象になります。
通常は排卵誘発剤を用いて数を増やした卵胞(卵の入っている袋)を超音波観察下に穿刺して卵を採取します。
得られた卵を体外で精子とあわせて受精させて、さらに培養を続け細胞分裂がある程度進んだ状態(3〜5日後)に子宮内に移植します。
危険はほとんどありませんし、入院も必要ありません。

 

顕微授精(ICSI) 顕微授精(ICSI)

精子濃度あるいは精子運動率が極端に低いために、通常の体外受精では受精が困難な方や初回の体外受精で受精障害が認められた方が対象となります。
媒精(卵と精子をあわせる過程)以外は普通の体外受精と全く同じ方法で行います。確実に受精が起こるように、ガラスで出来たきわめて細い針を用いて精子を1匹だけ卵の中に注入します。
特殊な機器と高度な技術が要求される方法です。

 

凍結胚移植 凍結胚移植

体外受精や顕微授精で得られた受精卵のうち移植に用いられなかった余剰胚がある時には、液体窒素を充填したタンクに凍結保存されます。
また排卵誘発のために卵巣が腫れて妊娠すると危険な場合や子宮内膜の状態が不良で移植しても妊娠が難しいと判断した場合にはすべての受精卵を凍結保存することもあります。
新鮮胚移植で妊娠にいたらなかった場合や採卵周期に移植を行わなかった場合にはこの凍結保存した受精卵を使って胚移植を行います。

 
  漢方外来


漢方外来のお知らせ 漢方外来のお知らせ

2010年2月4日より、第1・第3木曜の午前中のみ漢方外来を始めました。